ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

ぱどの看護師経歴

 こんにちは,NPぱどです。

 

今日はどーでもいいかもしれないけど,看護師ぱどとしてのプロフィールをご紹介します。

 

 はじめに

ぱどは某国立大学を卒業し,地域の医療法人系の民間病院に就職しました。病院全体でも同期は4人!!すくなっ!!(笑)私が入職したのは,一般病棟60床でしたが,13対1!!!キツっ!!!今は10対1になりました。昔話ですが,土曜日とか日曜日とかメンバー4人で回していました。冷汗がでますね。今はすごくよくなりました。それでも忙しいですけれど,昔に比べればまだまだましです。病棟紹介ですが,一般病棟という名前のスーパーミックス病棟で(笑)透析,泌尿器(開腹Opあり),整形(スポーツ整形から100歳の頚部骨折まで),脳外,内科,歯科口腔外科,なぜかそこにターミナル。各科にほぼ1人ずつ常勤ドクターがいますので,病床稼働率はおかげさまで90%は超えており,系列病院でも業績は常に上位(皮肉です)。つまり忙しいのです。そんな病院で働き続けるぱどの実態をご紹介します。

 

ぱどはなぜ看護師になったのか

ぱどはこれでも高校までは成績よかったんです。高校は県で一番成績の良い学校でした。でもね,ここから急降下_(:3 」∠)_学校には部活に行っているようなもんで← 精神的にも病的レベルだった時期なので← 特にどこの学校に行きたいとかなかったんですよ。それは,ぱどのうちが貧乏だったから,何になりたいかもわからないのに都会にいってお金かけるとか,そーゆー選択肢はあり得なかったのもあるんですけれど。そんなので3年生になって,いよいよどうするかってなったときに,なぜだか忘れたけど,地元の大学の看護学科なら推薦枠があるよ!!という情報が回ってきたのです。まさに棚ぼた状態。看護師なら学校で学んだことがそのまま仕事に活かすことができる。しかも今の状態で大学に拾われる!!うわぁ!!ありがとう神様!!って(笑)あとはすいすい話がすすみ,気が付いたら看護師を目指していました(笑)あとは父親が幼いころに倒れていた,というのも少なからず影響はしているのかもしれませんね。でも私は特にその時の看護師さんがああしてくれたからとか,そーゆー素敵エピソードはないです(笑)

 

大学の時

ゆーて勉強してなかったけど(笑)やぱり臨床にでてないと何をどう勉強したらいいのかわからないよね,って今更思う。ただ,大学の時に得意だったのは生理学と薬理学。先生が好きだったのもあるんだけど(笑)これだけは負けない!!!って思って毎回やってました。あとは,基本的にぱどの記憶力はにわとりさんなので,一夜漬けとかできなかったんです。だから,少しずつ積み重ねての勉強はしていました。ほんっと,記憶力が大変なことになっているんです(;´・ω・)あとは,ほぼ部活してて(ここは高校と変わらない),楽しい学生生活だったな。だけどね,国家試験の直前にとんでもない大失恋をして,精神崩壊状態国家試験を受ける(笑)親友が相部屋になって慰めてくれたので,本当に助かりました。

 

看護師になってから

使えない1年目

新人看護師ぱどは,なんの役にも立たなかったと思います。なんでそーしているのか,EBNというものを全く理解していなかったんですね。あー怖い怖い(笑)それに気づいたのが比較的早かったから,途中からそんなところを気を付けるようになったんだと思います。半年くらいたった時から,日勤でもものすごい早くからきて,先生の回診について回っていろいろ聞いていました。

まぁ少しできるようになった2年目

1年目の最後に,エムハンクさんでやっている人工呼吸器セミナーに行ったんですね。あれで完全に感化されて,看護師経験2年と最短でとれる呼吸療法士を必死に勉強。高校受験より大学受験より国家試験よりなにより難しいと思いました(笑)しかしながら,難易度のわりに合格率が高かったので,めでたく合格したのです。

指導者としての3年目

3年目ではプリセプターをしていましたね。ずーと一緒に勉強していたなぁあの時は。プリセプティ―の子がとてもいい子で,素直で,あ,こーゆー子がみんなに愛される看護師になるんだなぁ,としみじみ(笑)

研究者を志す4年目

そんな感じでプリセプターを終えると,4年目で病棟教育委員を任されて,なかなかハードな毎日を過ごしていました。というもの,私は3年目の12月から現在に至るまで夜勤専従常勤だから(笑)途中でさすがに体調を崩しそうになったけど,私は丈夫でした,お母さん,丈夫な体をありがとう。教育委員として主に新人教育,2年目,3年目教育に携わっていたのですが,そこで気が付いたのです。

世の中の現任教育ってヤバいんじゃないの??

そこから,研究することを志しました。所属長に大学院進学について相談したら,快くOKしてもらえたので,翌年5年目から準夜専従をしながら大学院に進むことになりました。

相変わらず男運がない5年目

大学院に合格し,よっしゃやったるで!!!となっていたところが,4月に大失恋をして意気消沈(笑)

またかよっ_(:3 」∠)_

食べるのもやっとこいだったので,1ヶ月で4キロとかやせたのが5年目(笑)病院に行くのもつらかったぁ(笑)いつ泣いてもおかしくないくらい精神的に不安定だったけど,やさしい職場の方々に慰められて,結果現在は強靭なメンタルをつくりあげてしまいました(@_@)後半からは持ち直して,学校は学校,病院は病院としてやっていました。準夜専従だったのですが,準夜はまぁ荒れる(笑)一番腹立つのは忙しいのに飲みすぎて急性アル中で立てませんとか言ってくるメンズたち。そろそろ自分の限界というものをわかってほしいといつも思っています。ぱどお得意の話が脱線状態でしたね(笑)病院ではスタッフとして働くほか,2~3年目の指導教育係としての役割を担っていました。ここって大事だと思うんですよね。やめるのって,だいたい完成が近づきそうな3年目とか,4年目とかだから。なのに厚労省では,新人ばっかり。新人の離職率だけ下げてどうすんねん(笑)ほんっとに,意味なさすぎる!!!

もはや最強のメンタルの6年目

現在ですね。失恋後遺症もふっとび,ガンガン研究をしています。看護師としては引き続き,2~3年目の指導教育,プリセプターとの共同で新人指導にもあたっているところです。この前大学の独身同級生と久しぶりに飲んで,なんで結婚できるの?楽しい?わかんないよね!!!今のままでも十分に幸せだよね!!!死ぬとき一人は寂しいから,このまま独身だったら都会のタワマン買って二人で暮らそう!!!っていうリアルたらればを繰り広げる。そんな楽しい日々。。(笑)

 

おわりに

というような感じの経歴でした。至って普通の経歴・・・?ではないかもしれませんが,とりわけすごいわけでもないです。今からすごくなるようにがんばっているところではありますので,こうご期待!!!

【スポンサーリンク】