ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

大学院でなにすんの?

こんにちは,NPぱどです。

今日は,学士がなくても大学院にはいれるのか,というページが人気なようなので,看護系大学という環境についてのお話をします。

はじめに

看護系大学院というものは,おそらく昔からある大学ならどこでも併設されているのではないのでしょうか?最近できた大学,あるいは単科大学なら微妙なところですが。大学院に行くのに学士は要らないというお話は以前にしましたね。そうなんです。特に学士がなくても行けちゃうのが,看護系大学院なんです。もちろん,ほかの分野もそうですけれど。しかし,理系大学なんかは,今や大学院に進むのが当たりまえくらいですよね。彼らは何のために進んでいるのでしょうか?今回は私が通っている大学院を例に,ご紹介していきます。

 

大学院ですること

大学院ですることといえば,論文書きです(笑)あ,いや,言いすぎました。最終的に論文を提出することなんですけど。そのためにはその領域について詳しく知る必要があります。

特論について

看護の大学院はどうかというと,前にも申しましたように,特論という授業で単位をとります。他の大学院はどうなんだろう?わかりません。これは自分の領域(4単位)+他領域(8単位)の授業です。他領域といったら,例えば私は母性,小児,管理,成人慢性期という分野の特論各2単位を受けました。それらの授業では何をするのか,というと,実にバリエーションに富んでおりまして,先生の意向によります。基本的に事例検討や調べてきたことをまとめてパワポで発表からのディスカッションが多いですね。病院の講習会やグループワークって,だれーもしゃべらないことってよくあるじゃないですか。それはあり得ないんです。基本的に大学院にくるような方は意識高いし,好きでやっているからまぁ会話がはずむはずむ(笑)ものすごいことになります。いろんな方面からのディスカッションができてすごく楽しかったです。

 

研究と論文について

特論とは別に,1年次のうちから研究についてのゼミがあります。ゼミとは担当教授に自分の研究についてアドバイスをいただいたり,同じ研究室メンバーで検討会をしたりするものです。ゼミの形態もの様々で,私のところは毎回教授と1対1のフリートークでした(笑)一方,毎回研究室メンバーで集まるところもあります。

研究のやり方は,院内研究と基本的にはおなじです。何が違うかというと,緒言までの道のり。これが長かった。ぱどは緒言に10か月ほど費やしています。←私ができなかっただけです。。 緒言というものは非常に重要で,そのテーマで行けるかっていうのを何度も何度もいろんな角度から検討しなければいけないからです。その領域についての今までの研究の動向をすべて調べ上げます。だからその領域についてはめちゃめちゃ詳しくなるんです。そして,じゃぁ今なにが足りなくて何を研究しなければいけないのか,というのを,査読する先生が納得するような文章を書き上げなければいけないのです。緒言が固まれば,あとは倫理審査に提出して研究になるわけです。今は何をしているかというと,論文をサクサクまとめているところです。

 

働きながら大学院に通う場合

基本的に皆さん働きながら通っています。しかし,大学院の中にはそうもいかないところ(スーパーなやつ)もあるみたいで,大学院だけに通っているひともいるみたい。。。でも私はお金ないし←基本貧乏 働きながらじゃないといけないので,現在は準夜専従をしながら通っているところです。もちろんゼミや授業の関係で,シフトについては所属長と相談しています。

ただし,私みたいに看護師としてぺーぺーな奴は少ないので,みなさん基本的に役付きの忙しい方が多いのです。そのような方は,長期履修制度を利用しています。行けそうなときに半年通って,ちょっと忙しそうなときは,また半年休む。という方法。これもありです。ただし,論文を書き上げるときにこの方法はちょっと大変です。一気に書き上げた方が話がまとまるんですよね。私も2日論文に触れない日があると忘れてしまいます←にわとり記憶力だから できるのであれば,2年で終わらせた方が,楽っちゃ楽なのかもしれないです。

 

学生からそのまま大学院に進む場合

これは学士をもっていないとできません。このパタンも少数ですがいらっしゃいます。基礎研究(薬理,病理,微生物)なんかは多いですね。もちろん他の講座にかよっている方もいます。ただしここは盲点で,やはり臨床に出ていないというところで看護の視点が変わってくることがあります。それに左右されないようなテーマで研究をすることができればいいのですが,そうじゃないときは大変そうでした。

 

おわりに

本当は研究・論文のHowToのところはもっと詳しく書きたいのですが,話がごっちゃになるので今回はここまでで。何かご質問があればお問い合わせでもインスタでもツイッターでもどうぞ(*'ω'*)

【スポンサーリンク】