ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

新人指導に愛はありますか?

こんばんは,NPぱどです。今日は楽しいことがありましたので報告。

 

はじめに

今日はね,病棟の3年目の後輩と,別の病棟にいっちゃったけどその子と同期の後輩とコストコに買い物に行って,そのまま家のみしたんです。3年前は,私ががっつり指導者としてかかわっていたのですが,いまじゃぁ信頼できるスタッフです。そんな関係を嬉しく思います。 

新人さんと指導者の関係性

新人さんにとっては,今はかなーりきつい時期かもしれません。指導者との相性もありますから。指導者がコブラだったら辛すぎるでしょうね。でも,だからといって優しすぎる,言わなければいけないことも言わないという指導者も,それはどうかと思いませんか?結局その新人さんは,育たないのです。そこが近年の問題で,難しいところなんです。

プリセプターシップという形があればいいのか

ここ10年来の新人指導の王道はプリセプターシップだと言っても間違いはないでしょう。

プリセプターシップが導入された経緯

プリセプターシップというのは,もともとアメリカ発なんですね。ご愛敬。1対1で指導するというスタイル。前にも言ったけれど,そのころの新人の離職率が高かったんですよ。それでね,これが離職予防につながるって話をどこかから聞きつけてきたんでしょうね。で,導入されたんです。

導入後の指導

もちろん,1対1スタイルはそれなりにうまくいきました。しかしながら,指導者の年齢には言及されていなかったので,新人さんが言う,お局様もプリセプターになっていたんです。それで,若干の離職率の低下はあったものの,新人さんの気持ちなんてわかんなかったんですよ。そして世の中の流れは3年目くらいでプリセプターやろうか,っていうなんとなくの風潮が作られたんです。

3年目が指導したらどうなるのか

3年目って,わかったようで,上の先輩からみたらまだまだなところもあるじゃないですか。自分も指導されているレベルなのに,新人に指導するって,相当ハイリスクなんですよ。もちろん,ある程度は指導できるんですけど,やっぱりある程度なんです。って言ってぱども3年目で指導していましたが(笑)

とある病院ではこんなことが起きました

新人指導体制はプリセプターシップです。指導者は経験年数10年以上の看護師です。と謳った病院看護部では,翌年の採用が増えたそうです。そりゃぁ教えられる身としては,しっかりとした知識を持った人から教えられた方が嬉しいわけです。

でも新人さんはこう思うでしょう

そうなんです。10年目の看護師なんていったら,新人の皆さんはちびっちゃうわけです。コブラ世代なんです(笑)

どうすれば新人指導がうまくいくのか

最近のメンタルヘルスについての周知により,中堅看護師でも新人看護師のメンタルヘルスについては理解が得られるようになってきました。これでも,ね。新人の気持ちもわかって,技術指導も抜け目なくしてくれるような人が一番だと思うんです。それでいてメンターなどもいたら最高ですよね。人員が少ないところでは,難しいかもしれませんが。

結局のところ

プリセプターシップだろうが,はやりのペアナースだろうが,病棟全員で教えようが,新人に対する指導愛があればなんでもいいんです。ただし,それなりの実践能力があるほうがいいと思いますよ。絶対に。

おわりに

新人指導で悩んでいる指導者さん,あなたに指導「愛」,ありますか?愛が注げないような環境ですか?私は私のことだと思って,愛を持って指導しています。だからこそこうやって,3年前の新人さんと仲良くやれるんです。love&peaceですね(笑)

 

 

【スポンサーリンク】