ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

管理者に向かない

こんばんは,NPぱどです。今日は学生時代(高校)の友人に会っていました。女医さんなんですけど,ものすごい頑張り屋さんで,いつもいい刺激をもらっています。今日はぱどについての話です。

 

 

はじめに

ぱどは管理者に向かないと思っています。なぜかというと,ぱどは自己主張が強いから(笑)というのは半分くらい冗談です(半分は本当です)。管理者とはどんな人があっているのか,考えていこうと思います。

管理者の仕事

管理者になる方は,もちろん実践におけるエキスパートの方々だと思います。管理者の方々は,病院方針に基づいて,看護部を統括していきますよね。それを達成するための目標管理をしています。ざっくりすぎますが,ざっくり説明です(笑)

管理者は実践者なのか

これが難しいですよね。本当に難しい問題なのかな,と思います。管理者として,患者さんにかかわることの方が多くなってしまいます。もちろん管理者もメンバーの一員として業務に携わることもありますが,やはり患者さんからしたら,師長さん,と呼ばれることもあると思います。元々はバリバリの看護実践のスペシャリストだった人が,管理に回るとその関わり方が変わった,と言うのが正しいのでしょうけれど,今までと同じような形では患者さんとかかわっていくのは難しいのかな,と思います。もちろん、認定看護師、専門看護師をとられても師長さんされている方もいらっしゃいますが、実際どのような感じなのかは見たことがないので述べることは出来ませんが。教えていただけると、参考になります。

管理者と実践者をばらばらにしてしまったらよいのか

それがそうでもないんです。やっぱり,看護管理者は,実践ができる人でないといけないんです。だって,ド素人がスタッフからの悩みや患者さんからのクレームの対応はできませんからね。細やかなところまで考えが及ばないんです。

実践のスペシャリストは管理者に向いているのか

そこが一番問題。いくら実践ができても,管理ができるとは限らないんですよ。もちろん管理者として採用される人は,そこらへんも考慮されていると思いますけれど,たまにいますよね。パワハラお局上司(笑)それが問題。多少意見が強くても,看護実践能力が高くて,患者にそれを提供できていればまだいいんです。それが権力化されたとき,最悪の結果を迎えるのです(笑)

これは教育もおなじ

じゃぁ教育はどうなの?っていつも考えるのですが,看護師の全員が教育に向いているかといったら,そんなわけはないんです。人には向き不向きがあるから。看護師って,どこで教育学学んでますか?管理者は,ファーストレベルから始まって,管理について学ぶ機会がありますけれど,

教育ってないですよね?

そうなんです。看護師は全くと言っていいほど,教育学を学んでいないんです。神奈川の教育担当者養成の学校か、看護教育学を開講しているところもありますが、基本的にはありませんよね。

だから看護師の教育はいつまでたっても遅れているんです。ここがぱどの研究内容なんですけどね。少しネタバレです。

 

話は戻るけど

ぱどは管理者に向きません(笑)

なんてったって,マメじゃない。

あとは実践だけをしていたいっていうただのわがまま(笑)

加えて,優しくはない(笑)

いや,嘘嘘,優しくないのじゃないのよ。やさしさが厳しさにでるのよ。客観的に厳しいことを言ってしまう(笑)管理者はやっぱり優しいがベースにないと,管理者という役割は務まらないと思う。

それぞれの役割があるから

厳しい人優しい人怖い人面白い人

管理に向いている人向いていない人

教育に向いている人向いていない人

それぞれにそれぞれの適した役割があると思う。

だから無理して上からの指令を引き受ける必要はないと思う。結果,コブラ師長が生まれるから(笑)

おわりに

ぱどは管理者にはなれません(笑)向いていないんです,ベースが優しくないから(笑)

【スポンサーリンク】