ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

地域医療の現実

こんにちは,NPぱどです。猫アレルギーなのに猫を飼っているから鼻水発作がひどくてつらい(笑)

 

はじめに

ぱどは地域医療を担う病院に勤めています。元々急性期医療に興味がありました。しかし,意に反して6年もこの慢性期病院で働いてきたわけをご紹介します。

病院にくる患者さんとは

ぱどの病院は透析医療がメインなので,200床中80床が透析療養,60床が身体障害者病棟(うち30床くらいは透析),残りの60床が一般病棟(うち20床くらいは透析)。ぱどは一般で働いているので,残りの40床の内訳も説明すると,10床泌尿器科,10床ターミナル,15床整形,5床脳外・内科・歯科くらいの内訳です。

ということは,一般急性期といっても,二次救急で,高度な医療を提供するような病院ではないんです。

それなりの忙しさもある

だからといって,病院に救急ユニットとHCU・ICUユニットはありません。だから病棟で全部みます。たまにあれ?これはうちの病院じゃないよね?くらいの重症度の人もきます。

忘れられないケース

一番ひどかったのは慢性心不全の急性増悪患者でDM合併してて,外来で挿管だけしてストレッチャーベッドアップのまま泡沫痰ファーファ―吹いて病棟に上がってきた時。あれは私が3年目で夜勤リーダー始まったころの話だけれど二度と忘れないと思います。そのままブラッドアクセスいれて緊急ECUMして・・・みたいな。うち循環器はないんだけどねー。他59人どうか落ち着いていてくれと願いました(笑)なんでうちの病院に運ばれたのかというと,近くて受け入れ断らない病院だから。あれはもう少し規模の大きい病院でもよかったんじゃないかなーって今も思う。70歳なら受けてくれそうだけど。でも,あのケースのおかげで力は一段とついたのも事実。忘れられません。

こんなケースはざら

なぜうちがターミナルの受け入れをしているかというと,大きな病院の緩和ケア病棟は1ヶ月しかいれないから。しかも常に満床。ターミナルでオペ適外,ほかにすることもない患者さんって,大きな病院にいられないですよね。どうなっていると思いますか?その病院で見てくれることもあるでしょうけれど,そうじゃない患者さんもいます。みんなが緩和ケアに行けるというのは理想論で,たいていはうちみたいな病院にくるのです。

ターミナルの患者さんだけじゃない

透析の患者さん。うちは療養透析があるから,隣県からも透析患者さんがきます。身寄りがない人は特に。最期まで病院にいるんです。国は透析患者を減らすという方針をだしましたが,あんなものは書面で表示したにすぎず,患者さんは増え続けています(;´・ω・)ということは,この医療経営困難な世の中でも,かなりの需要があるということです。加えて,身寄りがない,お金がない,自殺歴ありなどなど,いろいろな問題を抱えた患者さんがうちのような病院を頼ってくるのです。

その理由は

国民皆保険という悪しき制度。いいの。いいんだけど,誰でも一緒って,こーゆー患者さんたちも,どの病院だって拒否する権限はないってこと。重症度もあるけど,それだけじゃなくて断ってるよね?確かに、病院の区分はあるけどさ。同じ2次から断られましたーってことありますよね。そんな病院は今に潰れる。

下請け病院はキラキラはしていない,でも絶対につぶれない病院。絶対に必要とされている病院。

お医者さんって

お医者さんたちは,「自分が」このような医療をしたい!!と思う人は少ないんです。だからうちの常勤医は10人もいません。そりゃぁお医者さんは,いい環境で自分の腕を振るっていたいんですよね。当然な考えだと思います。若い先生なんかは地域医療!!慢性期医療!!がんばっていきましょうよ!!!なーんて人は,ほぼいないんです。

だからぱどは慢性期や地域医療を頑張りたいと思っている

そこにニーズがあると思うんです。そこに医師の代行ができるようなNPが配置されれば,患者さんの医療の質を保つことができると思うんですよね。頭数1人にすぎませんが。とにかくそこをなんとかしたい。患者のためにも,医師の指示を待つ看護師のためにも

急性期や重症に興味はある

いや,すごく興味はあるし,きっとドはまりすると思う。NPの実習もすごく楽しみだし,今度のハンズオンセミナーも楽しみ※ただし私は見たことがない!!!(笑)ので必死で勉強している。でも,それよりも魅力があるのが地域医療と慢性期医療。これからの日本の医療制度の改革の中心になってくるところではあると思いますよ。

慢性期や地域医療の担い手が急性期・重症を知らなくていいのか

そんなわけではないと思う。すべてはつながっているから。昔うちに(また昔話)体外式ペースメーカーを入れたまま転院してきた患者さんがいました。ドレーン入れたままとか。よくある話。でも見なきゃいけない。やらなきゃいけない。

それは安全?

安全じゃない。だって専門じゃないもん。でもそれが理由で出来ませんなんてことは言えないし,安全でないといけない。だから私が還元して,看護師の教育もしていければいいな,という淡い期待を持っている。自分にね(笑)

おわりに

慢性期・地域医療問題をどうやって解決していくのか,ぱどの課題になりそうです。私も!!!という同じ気持ちを持っている方,お問い合わせやインスタからメッセージいただけると嬉しいです。

 

【スポンサーリンク】