ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

今日はペタゴジーのお話 大事だよ?

こんばんは,NPぱどです。

最近はめっきり成人教育についての話題でもちきりのぱどブログです。でもこの話題意外と皆さん興味津々のようなので,続けてみます。

というより,現段階ではNPネタがない(笑)まぁこちらも本業なので。

 

はじめに

アンドラゴジーの話ばっかりしているけれど

おとといから成人教育は~・・・とか,アンドラゴジーは~・・・とか,ノールズさんは~・・・とかばっかりですけれど,今日注目すべきはペタゴジーです。私はペタゴジーってすごく大事なんじゃないの?って思うんです。今日はこどもの教育について考えてみたいと思います。昨日の6要素と対になるものもありますが,そうでもないのでご参照くださるくらいで。

学習者の経験

アンドラゴジーにおいて,「学習資源としての経験」では学習の方法や,学習対象の矛先は,「成人」という生き物のそれまでの経験から出てくる,と述べました。一方,ペタゴジーはこどもの教育についてのべているのですが,子供の教育の特徴としては,今までの経験がたいしてないのです。だから,学習者の経験が学習資源となるのではなく,むしろ学習経験はつねに積み重ねられていくものである。と言っています。そうですよね。小学校~高校あたりまで,確かに細かいことを言うと,応用もあります(方程式や因数分解を解いていくのはやはり引き算,足し算,掛け算,割り算を知っていないとできません)が,ざっぱで言うと新しいことの積み重ねなんです。小学校~高校までの知識を,大学で研究する,といったイメージがアンドラゴジーなんでしょうね。

年齢段階,カリキュラムによって画一的

日本では特にですが,飛び級とかそーゆーのないですからね。人によってちがうけど。基本的にはみんな同じ幅で学習を進めています。だから確かに年齢が上がるにつれて,その学年の数だけ差が広がりますが,小学校の段階ではそこまで大きな差は尽きません。※高校や大学に比べればの話です。みーんなおんなじ指導をして,宿題をしているのでね。新人看護師は,というと,確かに新人の時はチェックリストをもとに指導していますが,明らかな教授システムもないし,みんながみんな同じ指導ではない,加えて,本人たちのやる気もちがうとなると,年齢など関係なく学習に対する姿勢は個々で異なるのです。

教科中心的

これもすぐに理解出来ると思いますが,毎年教科書買ってましたよね(笑)でも看護師の勉強って,そうじゃないですよね。自分の興味関心があるものを購入するし,何なら講義や実践もついているセミナーなんかにいっちゃいますよね。特にこの分野が!!とか決まりはないです。というより,なんでもやらなきゃいけないんですけど(笑)その上で統合していかなければいけない。こどもは教科ごとで学びます。でも教科がいらないかといったらそうでもない。先ほども申しましたように,チェックリストで提示されているようなところはしなければいけないので,基本は教科単位なんです。それを応用するのは,それができてからの次の段階なんです。

外部からの賞罰による

これはね,私はおとなも変わりないと思うんですけど(笑)。頑張ったらそれが評価されて結果的にお金になる。がんばったから周りが認めてくれる。あえて言うなら,できなかったときのペナルティが少ないくらい。別に,自分で勉強していなかったとしても,仕事に差し支えないくらいであればやらない人はやらないでしょう。こどもは赤点,追試とかありますからね,自分が苦しむ(笑)

一通りみてみたけれど

それぞれで既にぱどの考えを述べていますが,ぱどは新人教育にはペタゴジーは必須だと思います。山籠もり研修してきてくれと思います。だって基本わかんない状態から始めたら,考えるっていう思考にたどり着くまでに時間がかかるから。考えるっていうのは,ベース知識があってからはじまるから。どこではたらくにせよ,まずは一定水準までもっていく必要があるとおもうんですけれども。国家試験ってめちゃペタってるやつ←ペタゴジー的なやつ は,やっぱりあれは実践してないからほんと暗記だけで,本質わかってないでしょ?だからペタゴジー的であって,且つもっと本質的な教育と実践をしなきゃいけないんじゃない?と思うのです。

そしてこれが今日一番言いたいこと

ペタゴジーってね,

日本人にスーパー適合する学習方法

なんだと思うんですよ。勝手解釈ですが。

なんでかというと,日本人の性格や文化が物語っているでしょう。

 

コツコツ真面目。英語は話すより書くことが得意,というよりしゃべるのが苦手。鬼畜軍事国家の経験。間違うことが罪,正解だけが善。

でた!これぞ日本文化(笑)

遺伝子レベルで,まず物事を覚えることのほうが得意なんだと思いますよ。なんかで読んだんですけれど,←テキトー 間違えるのが怖いからしゃべらない,自発性がない,と言ってたかな。確かに。そうゆう文化じゃないですか?日本って,どっちかっていうと。間違っていることが悪みたいな。自分の意見を述べるというより,正解を言うことが善とされている。だからしゃべらない。確かに

で,なんでペタゴジーかっていうと,絶対に間違えないくらいの知識をつけてあげれば意見を言うことができると思うんですよね。そうじゃないですか?ぱどは死ぬほどプライド高い←(笑)というより,間違うのが嫌い,なにか指摘されたくない,←プライドが高い(笑)から,死ぬほど勉強するんです。それからいろいろしゃべりだすんです。いろいろ考えたことを言えるようになるんです。これ,セオリーだと思うんですよね。ぱども日本人なんです。根っからの。この日本文化を逆手にとって,まずは基礎をがっつり教え込んでやってはどうかな,というのが,ぱどの考えです。そうすれば,そこからアンドラゴジーに転換されるんじゃないのかな,と思うんです。

もちろん,こうすると間違ってはいけない,という思考を助長するという懸念もあります。だから逆に言い出せなくなる,とか,いろんな問題もあるけれど,まずはこれはいいのではないかな,と思ったので発信しています。そこはペタゴジーなりの教育の・腕のみせどころでもあると思うんですけど。

いずれ研究成果はこの方向にもっていきたいと考えていますが,まだまだ,まだまーだ,ですね(笑)こうゆう思いつき発想を研究として結果までもっていくのは時間がかかるんです(笑)

ちなみに,ぱどはこーゆー自分の考えているネタについては出し惜しみなく出していくつもりです。もっと頭のいいひとに考えてもらって,いろんな人が研究しくれたらいいな,と思うので。でもちょっぴり寂しいから,そーゆー時はメッセージくれると嬉しいのですが(笑)一緒に研究したいな,そーゆー考えを持った人と。

おわりに

ぱどの研究構想のネタバレでしたけれど,この考えに賛同してくれる人はいるんじゃないのかな?いないかな?どうかな?ご興味あったら気軽にツイッターからでもインスタからでもここのお問い合わせからでも,ご連絡してくださいね。

【スポンサーリンク】