ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

NPの予想給料

こんばんは,NPぱどです

今日は,皆さん気になるナースプラクティショナー:NPの給与予想額を見積もります。

 

f:id:vivian-hana87:20180926232808j:plain

はじめに

ナースプラクティショナー:NPの給料って検索しても出てきませんよね。なぜでしょうか?よくわかりませんが,なぜか公開されてないんですよ。

ぱどの病院はこう提示しています

特定看護師手当①

特定行為研修を受けた看護師に対して,1区分につき3000円の手当を付ける。21区分すべて終了したものについては上限は60000円。ただし,認定資格(認定看護師)手当はこれに含まれる。

特定看護師手当②

指定する大学院で特定行為を修了し,かつ病院での研修を約2年間修了した者に60000円の手当を支給する。

?????

まじでわからん!!!(笑)

問題その1

まず特定看護師という名称が使われている時点で,上の理解が低いというところ。特定看護師というものは存在しないのに・・・便宜上そのような使用をしているのかな・・・また変更されるでしょうね。給与規定に変更がでたらまた報告します。

問題その2

今の認定看護師は丸め会計になるということだな。給料としては増えるだろうけれど,たぶんそれが事実か。まぁ仕方ないのか。。。反発きそうだけど。認定の行為はできないわけじゃないけど,NPとった以上はそちら優先にはなるしな・・・どうなんだろう。

問題その3

例えば,ぱどの場合は21区分すべての特定行為研修をうけることができるので,仮にその特定看護師手当①に該当する場合は満額支給される。

しかし,特定看護師手当②にも該当するのか?これはどちらかなのだろうか?

特定行為研修は必ずしもNP大学院ですべての研修をうけられるわけではないので,やはりどちらももらえる,ととらえるべきなのか。今の学校のNPコースは16区分なので,16×3000円の48000円の支給になる。しかし,NPではなく,特定行為研修だけ21区分を受けた人は60000円の支給になる。そこを考えると,やはりNPは特定看護師手当①も特定看護師手当②もどちらももらえるということだろうか?じゃないとさすがにおかしいことになるしな・・・・特定行為研修だけ受けた人の方がナースプラクティショナーよりも給料が高いというのはさすがにない,と考えるのが妥当かな。

特定看護師手当の予想

よって,今の病院では特定看護師手当①と特定看護師手当②を満額支給されるということで,ナースプラクティショナー手当は計120000円ということになるはず。

トータルを考えると

それに加えて,おそらく時間外が増える。固定残業ともしかしたら夜勤手当。基本給が変わるかどうかはわからない。

固定残業代を少なく見積もって時間あたり1000円×2時間×週5で見積もって,1週間あたり10000円。月にして約40000円。夜勤手当がどれだけつくかは不明。NP手当に加え,これらを付けた額が給料となる。

 

スポンサーリンク

結論

よって,今の基本給に加え,120000円+固定残業手当40000円+α(当直など)=160000+α円がNPの給料となる。

どうでしょうか。ぱどは今夜勤専従しているので,かなり手当はついていますからそれと比べてもやはり手当はいい。夜勤手当は1回5500円(準夜のみ)×20日程度なので月々110000円くらいです。夜勤専従せずに,しかも夜勤を抜いてこの給与額なら相当額ですね。

おわりに

このぱど試算があっているかどうかはわからないけれど,おそらくこんなかんじなのかな?高く見積もったかな?(笑)なんにせよ,医療行為の拡大に伴い責任の増大という点ではよりいっそう頑張らなければいけませんね。。。よし,がんばる。

【スポンサーリンク】