ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

この優しさに甘えることなかれ

こんばんは,NPぱどです。ノーベル医学生理学賞,すばらしかったですね。オブジーボ,最近使ってますからね。日本人としてこのように研究熱心な方がいることは誇りに思いますし,とてもあこがれました。

 

f:id:vivian-hana87:20181003030733j:plain

はじめに

今日はめずらしく,新人看護師を厳しく見ていきたいと思います。いつもぱどが言っていることと反対のことですが,必ずしも優しいがいいわけではないし,必ずしも新人看護師が悪くない,とも言いきれないです。基本,近年の指導は甘めです。

いわゆる“最近の”新人さん

看護教育系の雑誌,指導者の雑誌,セミナー,講習会ではすでに当たり前のように言われていることですが,新人看護師に対して,“最近の”という非常に変動性のある形容詞が使われています。

現代の“最近の”にあたる形容詞は,つまり,

打たれ弱い

怒られたことがない

常識がわからない

自分をもっていない

コミュニケーションが苦手

とかそういった感じですよね。ひと昔前の“最近の”だったら,

勉強してこない

向上心がない

新人なのに早く来ない

努力がたりない

といったように,若干パワハラじみたところもあったのかな,と思います。

ひと昔前と比べると,現代の“最近の”なんてかわいいもんですよね。

“最近の”が変わったわけ

ひとえに,それは新人看護師の離職率の高さでしょう。そこから看護師のパワハラは少しずつ軽減され,プリセプターシップの導入によるメンタル面の緩和,個々を認める,怒らない・・・など,どんどん優しくなってきているわけです。おかげさまで10年前の9.3%よりも2%ほど低下してきているわけです。

ぱどの考え

ぱどはいつも新人看護師や若手看護師を擁護していますね。コブラを目の敵にした発言が多いです。でも,実は必ずしもそうでもないんです。

看護教育が厳しい理由

それはもうこれにつきます。

命かかってるんだから

だから,ほかの職種と同様に,すべてを擁護していくわけにはいかないんですよ。これが本当に看護師特有のもの。命かかってなかったらね,接遇のクレームとかデータ処理ミスったとか,いいよ。次間違わないで。その代わり減給ね。で済みます。でも,命にかかわること,そうじゃ済まされませんよね。だから看護師教育ってすーーっごく厳しかったんだと思います。それですら教えられない指導者もたくさんいますが。怒っちゃダメって言われてるとか。それは物事の本質を見極められていないだけです。やっちゃいけないことはやっちゃいけないんです。

優しいだけじゃだめ

だからぱどは,まぁいいか私がやるよ,と思うようなやさしさ,時に甘えや馴れ合いが必ずしもいいとは思わないんです。もちろん,簡単なミスだったらいいんですけど。やはり,命にかかわるようなインシデント,ヒヤリハットが起きた際は警告として指導しなければいけないと思うんですよね。

この甘さに甘えてたら

この指導の移り変わりをみると,激甘になってますよね。大先輩だったら,昔と比べたら・・・なんて思っている方は大勢いると思います。でもやはり離職が高い以上,こうせざるをえなかったのかな,とも思います。

しかし,この甘さに甘えていても,決して看護師としての

成長率は悪いです。

加えて,

重大インシデントを起こす可能性が高いです。

この甘さは,ボーダーなんです。離職しないための最低ラインなんですよ。これに甘えて,なにもしないでいると,成長は遅いと思います。やはり自分で積極的に,負荷をかけていかなければ人間と言うものは伸びません。自分で負荷をかるのもいいですが,もしそれができない場合は,先輩たちに課題を出してもらったり,アセスメントの評価をしてもらったりと積極的にいかなければいけないのかな,と思いますよ。

また,まぁいいか,という指導をされていると,必ず抜けが生じます。これは新人看護師が悪いわけではないのですが。甘い指導の結果,2年目,3年目でボロがでるというわけです。それを防ぐには,自分で負荷をかけ,きちんと自分の成長具合を確かめていければいいのかな,と思います。

レアパターン新人看護師側の理由

やる気や誠意が一切ない。

いくら関わっても,いくらがんばっても,いくら丁寧に話を聞いても,解決しないパターン。レアケースだけど,いろんなところから聞こえてきます。これは指導する側としては相当つらいですよね。所詮指導も人間関係なんですから。少しでもあればなんとでもなりますけれども,少しもないと,伸びません。0に何を掛けていっても,0ですから。

世の中には礼儀っていうものがあります。看護師として未熟な新人看護師のために先輩たちが必死に教えていても,横柄で聞く気がない。ありがとうございましたの一つもない。教える方も教えられる方も,気持ちの良い関係でいきたいですよね。それができるのが社会人だと思います。

めずらしく新人看護師さんに対して厳しめ意見ですが,まぁ少しです。頭ごなしに否定することはないでしょうが,ながく横柄な態度を続けられると,指導の信頼関係は崩れ去ります。指導されるのが当たり前!と思っていては,いつまでも先輩たちの冷たい視線は変わりません。指導してもらってありがとうございます,という気持ちは持ち続けたいものです。それは新人に限らず。いつまでも。

おわりに

優しい先輩だからって,なにもしないわけにはいかない。自分に負荷をかけていかないと,看護師としての成長はありません。今の優しさは,最低ラインです。あなたが中堅になったとき,負荷をかけてくれる先輩などいないんですから。そして指導される側の大前提である礼儀,というものは,大事にしてほしいものです。

 

【スポンサーリンク】