ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

女性研究者のパートナー問題

こんにちは,NPぱどです。

今日はゼミでした。するとたまたま,現在博士後期課程,つまりいわゆるドクターに進んでいる同期と出くわしました。私も早くそこに行きつきたい。彼女は中学から同級生で,ストレートで修士,間をおいて博士に行っています。一足先を越されちゃっている感じです。でも,そんな同級生がいることで,ぱどのやる気スイッチが入るので←単純 助かります。

 

f:id:vivian-hana87:20181004141147j:plain

はじめに

ぱどの担当教授は非常に素晴らしい先生であり,気さくな方であり,ゼミの本論とは関係のない世間話もしてきます。そこで今日は,女性研究者が結婚するのにいい相手というなんとも不毛な話をしてきたので,我々の検討結果をお伝えします(笑)

女性研究者たるものは

私みたいにプライベートも研究が中心!みたいになっている人間は,少なからずいるもので,そんな女性はやはり今期が遅くなりがち,あるいは結婚という選択肢を選ばないこともあるでしょう。論文が自分の子供のようになってきしてまうのです←私の場合 それだけ日常生活のなかで研究・論文というものにかける時間の割合が高くなってくると,恋愛なんてどうでもよくなってしまいます。←私ができないだけ

パートナー

今ぱどは彼氏が欲しいとか一切思っていません。まぁ,できないだけですが(笑),ぱどの中で今一番大事なものは研究・論文で,彼氏に時間を割いていられないのです。何を偉そうなことを言っているのだと思われるかもしれませんが,お相手とかかわる時間ももてないのであれば,失礼に値するので仕方がないことなのです。なので恋活・婚活などはしておりません。

しかし,やはりこの世に生を受けたのなら人並の人生も歩みたいとも思わなくもない。結婚して子供も育ててみたい,とも思わないわけではないのですが,このまま第一線で仕事・研究・論文を続けたいというのであれば,家族と言う社会的コミュニティが崩壊してしまうのも事実。そこでパートナーとしての可能性として,ありだな,と思われるのが

①窪田正孝的なヒモメン

②研究者

のどっちかという結論に至りました。

窪田正孝的なヒモメン

これは窪田正孝だからヒモメンでも許せる,という思考があります←窪田正孝が好き♡

でも実際,家事もできない,子育てもできない,と考えると,専業主婦ならぬ専業主夫でもよいのかなとも思います。専業じゃなくても,家庭を優先してくれる方。

ただし,これは現実的ではありません。ぱどが相当な稼ぎがあればの話です。

研究者

これは担当教授もごり押しでした。お互い研究者として自立していて,必要な時に客観的な意見をもらって,得意分野はアドバイスをしあう。例えば社会心理学系だったら私,サイエンスティックな量的研究だったらお相手。お相手が海外で研究することになったらたまには旅行にでも行けるし,あちらの研究所の方々には「ワイフです」,とご紹介して頂く。さらには関係施設の看護系研究者とのコネクションをいただき,国際研究に至る。お互い自立していて基本的には互いに干渉せず自立した生活。はい完璧!

というなんとも恣意的な妄想で完全に研究者に軍配があがりました。

おわりに

こんな都合のよい妄想をいつも担当教授と話しています(笑)あ,もちろんゼミもしっかりしてますよ!!!(笑)

今回の検討結果の限界

これはあくまでぱどの妄想であり,すべての女性研究者に応用できるものではありません。

あ,こんなテーマの研究もおもしろいかもしれませんね。女性研究者の婚姻状況および配偶者の実態についての研究(笑)

【スポンサーリンク】