ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

新人のその先が大事

こんばんは,NPぱどです。

今日は,修論に追い込まれているんですけれども,劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人がレンタルに出てたので借りてしまいました・・・ぱどは,安室さん大好きなんです♡安室さんに守られたい・・・

 

f:id:vivian-hana87:20181011001938j:plain

はじめに

ぱどは臨床でも教育を実践しております。というより,臨床で教育をした結果,研究に移行したんですけれども。特に,2,3年目の教育に力を入れいているんですけれども,今日はそのことについてお話してみようと思います。

2,3年目の立ち位置

新人看護教育は,近年目まぐるしく手厚くなってきていますね。1992年・・・ぱどが生まれたころ,新人看護教育についての国の施策が始まりました。旧厚労省時代ですが,そのころは新人看護師という概念ではなく,卒後おおむね3年間,という漠然とした対象でした。しかしながら,卒直後の新人看護師の臨床実践能力と求められるレベルのギャップ,離職率問題から,急ピッチで対策が進みます。そして,ついに,2010年に新人看護職員研修が努力義務化されました。新人看護師の臨床実践能力に対しては,厚労省が提示したチェックリストがありますね。しかし,その対象はおおむね1年間を対象としているんです。新人看護職員研修期間を調査した研究では,約7割の施設が1年間と回答しています。1年目には手厚い指導体制をとっているにもかかわらず,そのあと,ぽいっ。なんてことがザラにあるんです。

2年目の看護師の臨床実践能力

先輩方からみてどうですか?一人前と言えるでしょうか?

いや,それは無理がありますよね。どんなにすばらしくがんばっている新人さんでも,やはり経験たるものも重要でして,フォローがいらないというわけではないんです。そこを,1年で指導終了ししまっている現状。。。1年頑張ればいいわけ?と思うわけです。そして中途半端な力の看護師が増えていく・・・。これで医療安全,保たれるのでしょうか?

こんなことがありました

このまえ県協会の研修で,3次の県立病院で働く看護師さんとお隣になり,あーだこーだ話していました。600床くらいの病院なんですけど,やはり2,3年目の教育はできていないとのことでした。そうなんだ,おっきい病院でもやっぱりできてないんだな,ということは全国的にできてないんだな,と思いました。

みんな主体性に任せすぎ

主体性っていうのは大事です。はやりのSDLです。でも,日本人主体性あまりないです(笑)間違うことが悪として育てられているので,間違ったやり方を嫌うんです。だから自分のやり方で突き進んだりするのを拒み,教えられることを好むんですね。主体性ある人は,ぐいぐいやるからほっといても大丈夫。でも,日本人,ぐいぐいこれない(笑)

ぱどがやっている課題学習

1年目~2年目の途中までは,必須事項の埋め立て学習で,単純な知識付与型なんですけど,途中から発展アセスメント型に切り替えていきます。具体的にどんなことをやっているかというと,

 

ヘスパンダ―編

① ヘスパンダ―はいつもどのような状況で使用するか。
② ヘスパンダ―はそもそも何者なのか。なぜ生理食塩水や1号液、3号液じゃだめなのか。
③ その性質から考えると、ヘスパンダ―が有効な場合はどのような時か。また、投与が必要な状況にある患者のHRはどうなっているか。投与後どのように変化していくと考えられるか。
④ ヘスパンダ―の有効性、特徴を踏まえたうえで、有効時間はどの程度か。その後行うべき治療方法や看護として考えられるものを挙げよ。
⑤ 以上のことから、ヘスパンダ―を使うべき時はどのような状況か。

血糖値編

①正常な血糖値の範囲は?異常である際、それぞれ起こりうる合併症を考えてください。

②糖尿病で一番問題となるのは、なんでしょうか。様々なリスクを検討して、自分で考え、論理的に説明してくさい。

③透析導入理由第一位は糖尿病性腎症です。透析患者の血糖コントロールはどうあるべきでしょうか。血糖の目標値を含め、自分で調べた結果を記してください。

④ノボラピットフレックスペンとノボラピット30ミックスがあります。これらの違いはなんでしょうか。使っている患者はどのような違いがあると思いますか。自分の言葉でよいので、論理的に説明してください。

⑤ 夜間呼吸が荒く、顔面蒼白になっている患者を発見。意識レベルも低下し、血糖測定するとLowと表示された。指示に基づき、50%グルコース20mlをIV。10分後測定し、血糖158mg/dlまで上昇。この後、どのような対応をしていくべきか。血糖はどのようになると思いますか?

こんな感じで,基本~応用といった形で,ぱどが求める答えをより具体的に示しています。かつ,学習者が自分の持っている知識,経験と,さらに学習したことを統合して考えた答えを求めるようにしています。

学習を始める前に

ぱどは,この課題学習を強制してはいません。本人がやりたいと言ったら,やるようにしています。※最低限必要なところはマストですけど。なぜなら,本人のやる気って結構大事で,やるなら徹底的に行わないといけないから。学習契約として,期限には必ず遅れないこと。事情によりできないときは事前に申し出る。書き写しは厳禁。引用は引用元を示す。わからないときはわからないで止まることはせず,早めにきく。

これらの約束事を守ることで,いろんな力が身に付きます。

学習が提出されたら

ぱどは一個一個添削します。ぱど基準ですが,必要なところを補充します。そして解説用紙を1枚つけて,次回の課題を添付して渡します。

おわりに

2年目,3年目って,大事ですよね。その病院で,中堅,ベテランとして育っていく大事な卵なんですよ。その卵をないがしろにするから,うまく回らないんだと思うんです。ここを大事にすると,コンピテンシーも形成されると思うんだけどなー。もうちょっと,大事にしてほしいと思います。

 

【スポンサーリンク】