ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

認定と専門と診療と

こんにちは,NPぱどです。

今日もまだまだ暑いですね。うちの猫はへたっております。

 

 

f:id:vivian-hana87:20181013133243j:plain

はじめに

今日は認定看護師と専門看護師,認定看護管理者,診療看護師のちがいについて,なるには?もご説明します。

看護師のキャリアの選択肢として,これらの資格はビッグネームですよね。学生さんだと,聞いたことないかもー!って思っている方もいるかもしれませんので,最初から説明します。

 

認定看護師:CN

受験資格

日本国の看護師免許を有すること。
看護師免許を取得後,通算5年以上実務研修をしていること。そのうち通算3年以上は特定の認定看護分野の実務研修をしていること。 
日本看護協会が認定した『認定看護師教育課程』を修了していること。

 

認定審査

筆記試験による審査。これに合格すれば,認定看護師になります。

 

学校について

全国各地にある認定看護師教育課程を開講している学校に通い,その後認定試験を受験します。座学と実習があります。それぞれの分野に応じて,全国に多数ある学校もあれば,一つしかないところもあります。認定過程はおおむね1年間です。

 

学校の合格倍率

認定看護師になるのに一番難易度が高いのは,学校に合格することだと思います。分野や場所にもよるでしょうが,3倍とかも普通みたいです。 

お給料

お給料はどうでしょうか。認定看護師手当なるものがありますが,うちの病院は3000円でした。これは病院によりけりだと思います。

 

専門看護師:CNS

受験資格

日本国の看護師免許を有すること。

看護系大学院修士課程修了者で日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位(総計26単位または38単位)を取得していること。
実務研修が通算5年以上あり、うち3年間以上は専門看護分野の実務研修であること。

 

認定審査

専門看護師は認定審査が筆記と書類になります。

大学院修了後,

実践:1 例
※コンサルテーション
※調整
※倫理調整

教育:1 例
研究:1 例

※のうちから2例

の事例報告をします。これがハードル高いらしく,必ずしも合格するわけではないようですね。ここは認定看護師と異なります。認定看護師は学校に入ることは難しいのですが,認定審査の合格率は高いです。

 

学校について

こちらは大学院のみです。大学院の人気具合にもよるでしょうけれど,認定よりは倍率は高くないのではないのかな,と思います。大学院なので,2年間の学生生活ですね。

 

学校の合格倍率

CNSの合格倍率については不明ですが,CNよりは低いと思われます。大学院という名前のハードルが高いので。

お給料

専門看護師の手当は5000円でした。通学期間も関係しているのかもしれないですね。

CNとCNSについて

この違いがわからない,という人が多いですね。
認定看護師が患者に対して直接的に高度な看護を行うのに対して、専門看護師は患者とその家族に対してトータルで高度なケアを行います。なんとなくご理解いただけたでしょうか?ただ,我々看護師だったら,この区別がつきますけれど,一般市民には難しい話ですよね。「がん専門の看護師さんです」と紹介されることがおおいのではないのでしょうか?一般市民向けにどのようにそれぞれの専門性を理解してもらうか,というところが課題なのかなーと思いました。

高度実践看護師

高度実践看護師とは,高い専門性と優れた看護実践能力をもつ看護職者のことです。

高度実践看護師とは,CNSとNPを指します。

高度実践看護師教育課程をもつ大学院修士課程で、必要な単位を習得する必要があります。

専門看護師には、現在、「がん看護」「精神看護」「地域看護」「老年看護」「小児看護」「母性看護」「慢性看護」「クリティカルケア看護」「家族看護」「感染看護」「在宅看護」「遺伝看護」「災害看護」「放射線看護」の14分野の教育課程があります。ナースプラクティショナーには、現在、「プライマリケア看護」「クリティカルケア看護」の教育課程があります。
これらの領域から一つの領域について,大学院で2年間のうちに修了する必要があります。

 

高度実践看護師の仕事は,高度実践看護師は、質の高い看護ケアを提供することが目的であり,実践,教育,相談,調整,研究,倫理調整となっています。

 

ここが一緒なんだ,っていう違和感はあります。NP,質の高い看護ケアって視点持ってるかな?(笑)なぜここがひとくくりになっているのか,事情はわかりません。

 

診療看護師:NP

受験資格

5年以上の実践経験を有すること

基本的には学士以上の卒業資格 

※これについては過去ページ参照

大学院を受けるのに学士は必要か - ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

 

認定審査

NPの認定審査は,2年の修了直前に行われます。聞いた話だと,これはほぼ合格するそうです。相当な努力していると思いますけれど(^^;医師国家試験に準ずる認定審査です。

学校について

学校は全国各地にある大学院で,NPコースを開講しているところです。都道府県すべてに置かれているわけではないようですね。これについては,今度ご紹介します。募集人数は,2人~20人ほどでした。

学校の合格倍率

これも学校によりけりでしょう。ぱどの受けた学校はおそらく100%の合格率に近いんじゃないかな?でも人気のところはすごいですよね。筆記,英語,小論,面接もあるところはありますからね。

お給料

お給料に関しては,NP手当は断トツです。診療報酬取れますからね。こちらにかんしても,過去ページご参照ください。

NPの予想給料 - ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

 

おわりに

CN,CNS,NPを見比べて,何がいいとか,これはだめ,とかそういった考えはありません。それぞれの役割があるのです。しかし,役割が重複するところもあります。それで,CNとCNSの区別がつかなかったりすることもあったのかな,とも思いました。しかし,重複するところはあれど,高度なケアを提供するには変わりない。看護師のスペシャリストとして活躍している人たちは,素敵だと思います。みんなが連携していい医療を提供できるようにしていきたいな。

 

 

【スポンサーリンク】