ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

新人看護師ブラック問題

こんばんは,NPぱどです。

最近は論文に追われておりまして,鬱です。。。

 

f:id:vivian-hana87:20181020041014j:plain

はじめに

ぱどの記事ネタはツイッター様で見つけることが多々あるのですが,今回もツイッター様より話題の提供です。新人看護師の働き方が辛すぎるという新人看護師ブラック問題。これを解決するためには,どうすればよいのでしょうか。

基本的な新人看護師の毎日

どの会社でも,新人さんというものは存在するわけですが,看護師の新人さんの日々の様子をお伝えします。

看護師の新人さんは,

前残業による情報収集(約1時間前)

仕事が遅いため残業(1時間なら早い方)

自宅に帰ってから自己学習

毎日の業務ではお局にチクチク言われメンタルすり減る

というのが当たり前のように起きているようです。

これはどうにかしないといけない,と思いますが,どうにかしようとすると,大変なことになるのも事実なのです。

前残業による情報収集をしなかったら

新人看護師さんは経験がありません。そのため,一人前の看護師さんよりもしっかりと情報収集をして,業務に入る前にわからないところを調べて,という作業が必要不可欠な状況です。ぱども昔,新人の時はそれが当たり前だと思っていました。他の人よりできないんだから,誰にも負けないくらい早く病院にいって情報収集をして,鬼のようにしらべていました。最近は,前残禁止,ということで早く来ることを禁止する傾向もありますぱどの病棟はそうですね。早く来すぎるな,と言っています。しかしこれは本人の自由なんじゃないのかなぁと思います。負担は人それぞれだしね。

前残業による情報収集をしない場合,業務の開始が遅くなります。ということは,受け持ちの患者数はかなり少なくなりますよね。前残業なしで新人さんが働く場合,「その程度」が妥当ということです。

残業をしなかったら

残業をしないで定時で帰る。そりゃだれだってそうしたいですけど,看護師の世界は残業普通です。問題はサービス残業になっている,というところなのでしょうけれど。まぁこれもぱどの昔の話になるんすが,ぱどは自分は半人前以下なんだから残業なんかとれなくて当たり前だと思っていました。ぱどはめちゃくちゃ昭和の人間なんですね,平成生まれですが(笑)新人さんは,業務の効率が悪いのは明らかです。そのため,残業をしないとなると,受け持ちの患者数は相当少なくなりますよね。あれ,でじゃぶです。そう。

「その程度」が妥当ということです。

自己学習しなかったら

家に帰ってからの自己学習。毎日の課題に追われてへとへと。もうやめたい。というツイートがはびこる#ノーモアブラック看護師。自己学習をしているのって,看護師だけですからね(笑)あ,ほかの領域でもしているとは思うんです。資格をとるために,とか。でも看護師の責務では,一生勉強することが義務化されている職種なんです(笑)というわけで,ぱどは家で勉強することは当たり前のこと,だと思うのですが,しかしながらその量があまりにも膨大なんですね。特に新人さん。看護師なんて,大学だったとしても,専門科目なので,4年間の間に専門職のための勉強をなさっていると思うでしょ?でも,それは机上の空論に過ぎないのです。看護師とは,省察的実践者といい,理論と実践の繰り返しなのです。国家試験のペーパー合格しても,ほとんど何もできない人が新人さんとして入ってくるわけですね。だから,帰ってから勉強することは仕方のないことではあるのですが,もうちょっと学生のうちに身になる勉強をしてくれればいいのになぁ,と思います。

例えば,

心肺循環系の病態生理

高血圧,糖尿病の病態生理

バイタルサインの病態生理

これだけわかっててくれるだけでだいぶ違うんですけどね(笑)いや,わかってるんです。わかってるんですけど,実践知としてなんにもわかってないから,それが何を意味しているかが分からないんです。

こういうことを勉強してほしいものです。

話は戻りますが,自己学習は必要です。勉強しなきゃ,伸びません。仕事中に勉強を,と言ったら,成長の速度は遅くなります。そう,

「その程度」が妥当なんです。ぱどはそれもありだとは思いますけどね。

コブラによるいじめ

これは言わずもがなですけれど,コブラによるにらみつけ,というものは新人さんのメンタルを相当すり減らせるものなんですね。もちろん,新人さんは学生のうちにコブラというものの存在を意識はしているんですけれど,実際に看護師になるとさらにハードなにらみつけ,さらには締め付けに遭遇するのです。これは,環境因子が悪いですね。直してください。全国のコブラさん。

新人看護師ブラック問題を解決するには

これまでに申しましたように,新人看護師の職場環境を限りなくホワイトに近づけることはできます。しかし,成長の速度は遅くなります。それは間違いないです。だって,その程度が妥当なんだもの。ゆっくりスピードが普通なんです。そう,それが普通なの。おそらく,1年目の到達レベルを2年間かけてやることになれば,ホワイト環境も実現可能でしょう。ぱどはそれでいいと思うんですけどね。焦る必要はないと思います。でも世の中看護師不足と言われるので,これは国として許されない問題で,現実的ではないのです。

 

もう一つの方法としては,基礎教育(学生の時)でより実践的な内容を組み込むこと。こっちの方が現実的ではあると思います。そうすれば,新人看護師さん=まったく何も知らないということはなくなりますよね。

 

しかし,一方,こんな劣悪環境でもやれる子はやるし,やれない子はやれないし,個人要因も関係してくると思います。基準を低くしていしまうと,できる子のスピードは遅くなってしまいますし,かなり不満でしょう。個々に合わせた指導プログラムがあればいいのですが,そんな指導のスペシャリストはいない。なかなか難しいものです。

おわりに

新人看護師ブラック問題はなかなか解決しませんね。自殺問題もありました。決して軽視してはいけない問題です。看護協会はなぜこれに目をむけない?「新人看護師の働き方に関する検討会」とでも称して厚労省で介入していかなきゃいけないんじゃないのかな・・・NPよりも先にね。

【スポンサーリンク】