ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

ハワイ研修 Episode1

こんにちはNPぱどです。

ついに!!!!ついに!!!ハワイ研修!!!!

f:id:vivian-hana87:20181031172505j:plain

 

はじめに

今日はハワイでご活躍されているANPさんたちを先生に,ご自宅で講義,セッションをしてまいりました。

まずはじめに,学会長である草間先生←もう隠す必要もないかと思い から日本におけるNPの現状についてのお話でした。

日本におけるNPのはじまり

ご存知の通り,日本におけるJNPもとい,診療看護師は,平成20年より,大分県立看護科学大学にて試験的に運用開始された制度です。

NPの存在については,今までさんざん論議されてきたそうです。特に,医師会とのいけんの対立,まして,看護協会とも対立などなど,本当にご苦労されたようです。

 

現時点でNP養成教育を実施している大学院修士課程

2008 大分県立看護科学大学 プライマリ

2009 国際医療福祉大学 プライマリ/クリティカル

2010 東京保健医療大学 クリティカル

2010 北海道医療右大学 プライマリ

2011 東北文化学園大学 クリティカル

2012 藤田医科大学 クリティカル

2013 愛知医科大学 プライマリ/クリティカル

2017 山形大学 プライマリ

 

 

こんな現状だそうです。現時点で全国で活躍するNPは359名。

ちなみに,今後某県立大学や某医科大学も参入する予定らしいですよ。

 

診療看護師の名前の由来

診療看護師って,なかなかピンとこないかもしれませんね。でもこれ,公募なんだそうです。そもそも,特定看護師とごっちゃになってしまっているところもあるのですが。。。違いますね。NP:ナースプラクティショナーは,国際基準で合わせたときの名称であり,またの名をJNP(Japan)。その和訳として診療看護師。だそうです。なので,

ナースプラクティショナー=NP=診療看護師

です。

 

なぜNPは経験年数5年なのか

NPは修士課程を卒業することが条件となっています。しかしながら,修了条件に55単位取得という膨大な単位数の取得が見込まれているので,修士課程において「看護」を学ぶことは困難なのです。そのため,「看護」の土台がしっかりと形成されているであろう5年目からなのだそうです。

 

NPの所属部署

皆さんの病院のNPの所属部署はどこでしょうか?看護部?診療部?

どうやら診療部の方が多いようなのですが,最近では,

「診療看護部」

なるものが設立され始めているらしい。

確かに,どっちかって決めつけるのは難しいんですよね。ほんと。看護師の管理者がNPを管理・指導できるかといったら難しいし,かといって,医師が上司というのもなんだか・・・。NPは自ら独立していけるように,周囲に働きかける必要がありますよね。なんてったって,チーム医療の要なのですから。

 

特定行為研修

さて,問題の特定行為ですが,なぜ特定看護師という名称が持ち込まれてきたのか。

そもそも,特定行為研修をうけたNSを特定看護師と呼んでいたのですが,その役割は資格として認められなかった。そして,この特定行為研修とNPがかなり紛らわしいので,結果NPが特定看護師と呼ばれるようになったようです。

現在,全国87機関で特定行為研修を受けることができます。そのうち52施設が,病院です。なぜこんなにも急激に病院で研修できるところが増えたのかというと,

診療報酬が絡むから。

やはりね(笑)

しかしながら,2025までに特定行為研修を受けた看護師を25万人って,きつくないですかね。現時点で,1006名だそうです。

これは考え物。たしかに看護師ができたらいいことはたくさんあるけれども,だからといって,この中でいくつかを選ぶためにわざわざ学校に通うのか・・・。今後の動向が楽しみです。

 

こんなこともやっているそうです

自施設で卒後研修が困難な場合,大学院協議会で研修先を提示しているそうです。

・高齢者総合診療に関する研修 国立長寿医療研究センター

訪問看護ステーション等における研修

・川崎大師訪問看護ステーション

これらは発表されて間もなくで募集いっぱいになったみたいです。常にアンテナを張っておくことは必要みたいですね。

 

おわりに

はぁぁっぁ,楽しかったけど疲れた。。。。ちょっと続きかきたいんですけど,どろっぷあ・・・

 

 

【スポンサーリンク】