ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

NP大学院選手権 ~東京医療保健大学~

こんばんは~NPぱどです。←少し崩してみた

年始から死ぬほど忙しいです。今年も大袋がでるかな(=゚ω゚)ノ

f:id:vivian-hana87:20190106002736j:plain

 

東京医療保健大学

場所は東京,品川にあるようです。

正式名称は

看護学研究科高度実践看護コース

となっています。学位は看護学ですね。

 

この学校の特徴のひとつは国立病院機構と提携しているということ。

↓↓以下引用

高度実践看護コースでは、独立行政法人国立病院機構と連携して、医学の知識と初期医療に関する実践 力を備え、患者さんにタイムリーに診療を提供できる診療看護師(NP)を育成しています。平成22年度 の開設から平成30年3月までに 7期 135名の修了生を輩出し、その活躍の場は全国に広がっています。 本コースの修了生が複数名在籍している施設も増え、修了生は診療看護師(NP)として、患者さんは もちろんのこと、医療スタッフからの期待に応えて日々活躍しております。

 

そして,この学校の最大の魅力となってしまうのですが,NP学会会長の草間先生が在籍しているということ。草間先生も直々にご指導なさっていられるようですね。

 

また,ここは全日制の学校です。パンフレットにはびっちり埋まった時間割がありました。この学校の最低単位数は58単位となっていますが,なんかものすごいみっちり感がでています。

 

募集要項

以下引用↓↓

http://www.thcu.ac.jp/graduate/nursing/admission/pdf/index/2019bym.pdf

募集人数

クリティカルのみで20人。多いです。急性期思考の方々が集まるんでしょうね。すごいことになりそう・・・。

受験科目

筆記と面接。ここでは必修っていうのがあるんですね。つまり絶対間違えてはいけないってやつ。レベルがわからないから恐ろしいです(^^;

お金

入学金50万円

授業料100万円×2

諸々込みでざっと280万円。。。。

高いですね(笑)さすがお江戸です。

 

この学校は様々な教育奨学金を提示していますね。

以下パンフレット引用↓↓

厚生労働省指定「専門実践教育訓練」給付金 2年間で最大112万円の給付を受けることができます。受給には雇用保険の支払期間等の条件があります。

● 独立行政法人 日本学生支援機構 奨学金
● 東京都看護師等修学資金
● 長崎県病院企業団「診療看護師育成事業」
※平成30年度実績
国の教育事業として実施されています。月額5万円~、家計基準等の条件があります。
第一種(月額8.3万円)は修了後5年間、都内の病院に看護師として勤務することで返還免除になります。
在学中290万円、卒後研修中300万円+αを貸与、企業団の病院へ勤務すること等で返還免除になります。

いいですね!!!こんなに奨学金があって!!!

特徴的なのは,東京都看護師等修学資金というやつですね。これは国際医療福祉大学でも適応されるということでしょうか。都会に住んでてこれからも住み続けます!という方にはかなりお得な印象です。

日本学生支援機構については,第一種と第二種があります。第一種は無利子です。かつ収入制限あり。第二種は収入制限ありませんが低利子となります。こちらの学校は日中の授業なので,基本的に働くことはできないかと思います。となると,第一種に応募できるわけです。加えて,第一種は合格する場合と落選する場合があります。もし第一種に落選した場合は第二種になります。第一種の各学校上位30%の成績ですと,奨学金返済免除になります。これはかなりでかい。全力で頑張れば返済しなくてよくなります。大学院の場合は5万円か8万8千円となるので,返済しなくてもよいのであればお得です。

ちなみにぱどはこれを狙って現在の大学院で第一種に応募していますが,もちろん収入制限で大幅にアウトになるのであきらめです_(:3 」∠)_うらやましい限りです。


奨学金は有効に使えば本当にためになります。ただし,誓約書をよく読むようにしましょう。卒業後どこに就職するのか,などは場合によっては身売りですからね(^^;

 

出願資格

臨床経験5年ですね。ここはあえて専門学校でも出願可能と書いています。気にしなくてよいということですね。

 

ぱど的最大の魅力

なんといっても草間先生でしょう。

草間先生は元々放射線科ご専攻でしたが,看護に転向されています。実際にお会いするととても情熱的な方でした。東京医療保健大学の教育が充実しているのも納得です。

 

おわりに

お江戸東京第二弾。都会の人にとってはありがたいですよね。アクセスも便利ですし。

日本の人口の大多数を占める関東圏の方々にとっては魅力的な学校です♡

 

 

 

【スポンサーリンク】