ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

PhD and DNP 看護における博士号②

こんばんは,NPぱどです。

今日は終末期医療に関する医療メディエーターについての研修に行ってきました。NPがこのような知識身につけることは必須ではないかな・・・と思ったり。気になった方はチェックですよ。

f:id:vivian-hana87:20190203214129j:plain

 

はじめに

さてさてこの前の続きです。

全開はPhDとDNPの系譜についてお話しました。

今日は具体的な違いをお話します。

どこのサイトというわけではないのですが,米国の各大学でPhDとDNPの違いについて提示していましたのでそちらを参考にしています。

PhD

目的

PhDは研究の方法と理論を学びます。とにかく論文を書くスキルを身につけます。修士レベル以上で。看護実践のための科学と知識の基礎を形成する研究者を育成するための課程です。

PhDの入学資格

基本的には修士のようですが,学士候補生でも受け入れるとか・・・???ほんと???さすがアメリカ論???

プログラム内容

基本的には論文作成が一番です。論文を書くスキルや統計,他の分析方法を学びます。臨床実習の時間はほとんど不要のようです。

卒後の進路

もちろん研究者として第一線で活躍されている方がたくさんいますし,医療政策,産業,大学における教育などあらゆる場面でリーダー的な役割を果たしています。

DNP

目的

DNPは実践のスペシャリストを育成します。特に,理論を実践に転換できるような能力を身につけます。根拠に基づき研究を臨床実践や個々の健康の質の改善,あるいは集団,システムレベルに転換できるような能力を身につけます。あるサイトでは,「看護師が行きつく臨床実践の最高学位」とも表現されています。

DNPの入学資格

はっきりと明示されていませんが,いくつかの大学では学士でも受け入れているところもあるようです。さすがアメリカ,能力重視というところでしょうか?ですが基本で気には修士卒業でないといけないみたいですね。そんなわけでDNPは3~6年のコースのようです。というのは先ほども申したように学士も受け入れているからだそうです。←詳しい事情はわかりません。また,特にAPRNである必要もないみたいです

 プログラム内容

高度な臨床実践や学識に基づく技術の習得,実践に科学を応用したり実践の成果を分析します。何度も言いますが,根拠に基づく実践を重ねます。あるいは品質管理,品質改善,リーダーシップ,医療政策など,管理的な内容を学ぶようです。確かに,NPだからといって管理ができるわけではないですものね。ここで管理について学ぶことができるというわけです。また,臨床実習の時間もたくさんあるようです。

卒後の進路

高度実践看護師として活躍します。これはPhDと同様,あらゆる医療福祉場面においてリーダーシップを発揮するほか,大学組織に従事し実践を教育する役割も果たします。

ぱどの考え

これまでのことを簡単にざっくり説明すると,PhDは研究や論文のプロフェッショナル,DNPは研究や論文に基づく実践のプロフェッショナルといったところでしょうか。

さて,ぱどはNP課程が終わったらどうしたいかと言うとPhDを取りたいと思っています。これはNPとは全く関係なく,教育関連の方でです。ただし,教育についてPhDを取得する過程で研究手法,分析方法などの論文の基本がみっちり身につくであろうと思うので,これをNPに還元したいなと思っています。

DNPは実践のプロフェッショナルですから,必ずしも学術的な論文がアクセプトされる必要はないわけですが,かといって論文を読む力がいらないわけではありません。やはりEBNといったところでそのような能力は必要だと思います。

おわりに

PhDとDNPについてお話してきました。これもどちらが問題に発展しそうな気がしますが,どちらも異なる性質なので比べること自体がナンセンスなのです。PhDがメジャーかもしれませんが,DNPが先に成立していたら逆の立場だったろうしね。

すでに聖路加ではDNP課程ができています。詳しく見てみると,在学生も10名以上いらっしゃるようですね。※できたばかりなので卒業生はいらっしゃらないようです。

日本におけるDNPがどのような展開を示していくのか,楽しみです。

【スポンサーリンク】