ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

 NP学生としての生活が始まりはや1カ月がたとうとしています。皆さんいかがお過ごしでしょうか。ぱどは、死にそうです(笑)昨日からむちゃくちゃに体調不良です。過密勤務と通学に往復1時間かかっているのもあってか、いわゆる五月病になってしまったようです

 

f:id:vivian-hana87:20190429210328j:plain

 

はじめに

さて、1カ月NP学生として過ごしていますが、すでにいろいろなことを感じ取っています。本日の記事はNPを目指す方々には重要な記事となりますので、よくお読みください。

 

現状

ぱどが通っている学校は社会人学生が通う学校です。いわゆる夜学が多いのです。

NP大学院には開設基準がありまして、カリキュラム構成として共通単位48単位と各大学院の定める7単位合計55単位が求められています。

夜学といえどこのカリキュラムを保つために休日も開講されていますが

こりゃぁ自分で勉強しないときついわぁって思っているところ。

だって一方は朝の9時から夜の9時まで授業だぜ???

というわけで何が言いたいのかっていうと

NP大学院に通っているだけでは学力の保証にはならない

これめっちゃ大事だと思います。

だかといって今の学校がだめだとは思いません。

働きながらいけるってかなり魅力的。

でも学力の保証は自分次第ってところは忘れてはいけない。

 自分で基準を設けるのってすごく大変で。。。はぁ。

 

社会人学生と一般学生

そこで社会人学生と一般学生の比較を端的にまとめてみました。

あ、ちなみに社会人学生とは働きながら通う学生で、一般学生は基本的には学生専従を指します。NP大学院に関してはバイトを含む昼間開講の学校の学生を指すようです。

※個人的な見解なので、ご意見ある方はどんどんくださいね。社会人学生といってもぱどの通っている学校だけかもしれませんので💦

社会人学生

社会人学生は働きながら通うことができます。

「学費」という最大の壁があるNP大学院生としてはありがたい制度。

メリット

・お金に困らない※困らないわけではないけど一般学生よりはずっといい

・現場の臨場感を忘れることはない

・学んだことを随時フィードバックできる

デメリット

・一般学生とは異なりテストの数や教科の数が少ない

・故に学力の担保が自分

・自分で勉強できない人はNPになったあとどうしようもない

うん。これに尽きる気がする。あんたNPなのにこんなことも知らないの???とか言われそうで怖いのでぱどは勉強しますが(笑)でもどこまでやればいいかという疑問と常に戦うことになります。

一般学生

一般学生はいわゆる昼間開講している学校のことを指します。

メリット

・カリキュラムが密であるため学力の保証あり

・毎日学校に通うことになるので知識の積み上げが半端ない

・基礎的なことから理解できる

デメリット

・とにかくつらい(笑)

・臨床から離れることになる。

・お金の心配はつきもの

 

といった感じでだいぶコントラストがでています。

最低学力さえ保証されればいいんですけどね。一応NP認定試験で保証はされているようですが・・・

 

これからNPを目指す人に伝えたいこと

自分で勉強する自信がない人は一般学生(特にカリキュラム多めなところ)になることをごり押しします。

たぶん働きながら~なんてしちゃったらこんなもんでいいかなって流れてしまうので。

私は安易に社会人学生を選択したことを少し後悔している部分もありますが・・・でももう仕方ないし社会人のメリットもあるので、どうやったら社会人学生として乗り越えられるか、ということを発信していこうかと思います。

 

おわりに

わたしがこのブログを通してお伝えできるのは、医学的知識や症例なんかではなく、いまはまだ数少ないNPになるための知識です。この経験値がこれからNPを目指す学生たちに役立ちますように。

 

【スポンサーリンク】