ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

NP大学院に対する病院からの支援

こんばんは!NPぱどです。おひさしぶりすぎですが、なんとか生きています。

正直NP学生と常勤看護師を保つのが大変すぎて身も心もバランスがくずれかけていましたが、ツイッターの皆様に励まされやや復活しました。本当にありがとうございます。

 

f:id:vivian-hana87:20190731180450j:plain

 

はじめに

さてさて、同期とも仲良くなってきたところで、それぞれの病院の支援状況についてはっきりと差があることがわかりました。これからNP大学院進学を検討している皆様にご検討していただきたいと思います。

所属している施設からの支援の実態

うちのところは10人以上の同級生がいますが、十人十色といいますか、みんないろいろな境遇です。

最高ランク

授業が出張扱いになる

かつ

授業料も払ってくれる

かつ

交通費もだしてくれる

なんなら

宿泊費も出してくれる

!!!!!!!!!!

最高じゃないですか?でも実際にあります。需要があればお金がでるのです。

銀メダル

最高ランクのうち、一つないし二つを満たすもの。

うちの場合は一つですねー授業料。それと実習中に関しては出張扱いにしてくれます。ありがたやありがたや。それに勤務もめちゃ調整してくれる。まぁ明けで学校に行くのは相当しんどいのですが( ;∀;)つらいけど十分配慮してもらっている,とても感謝しています。

銅メダル

3番目の待遇は、有休を使ったり勤務の調整をしてくれる、です。えーー!それだけーー!と思うかもしれませんが、世の中甘くはありません。しかもまだまだ創世記であるNPに対して冷ややかな人もたくさんいます。勤務を調整してくれるだけでも結構ありがたかったりします。

残念、下から二番目

自分の休みで行ってね~でも病院のシフトに穴はあけないで~、です。大変そうです・・・。授業して夜から仕事行って。。。ってパターン。辛くないですか?まぁ私も夜勤明けで3時間寝て学校に来ていますが(;^ω^) 自分の休日が月に1回とかになってしまうようです。

ちょっとこれはひどい・・・最下位

行かせてくれない、却下。です。あるんです、あるんですよ。もちろん同級生にこのような方はいません。でも、前の病院はそうだった、とか、何とか懇願していかせてもらっている。などなどたくさんあるんです。

 

いろんな病院がありますよね。。。これに関しては病院の上層部の理解に尽きると思います。あるいは、ボトムアップ的に情報を伝えようとすると、一番下の段階で遮られてしまう可能性(最下位のパターン)があるんです。この場合、本当は上層部が理解がある場合もあるので、直属の上司の見極めは非常に重要と言えるでしょう。同期の中には直属の上司をすっとばして部長に相談したという方もいらっしゃいます(笑)

 

具体的な病院による支援の違い

これまでに5パターンの支援をご紹介しましたが、ある程度はこのパターンと病院の形態とで関連があるんです。つまりどういうことかというと、どのような病院がNPを支援してくれて、どのような病院がNPに反対しているのか、ということです。

以下に述べる支援の内容及び病院の名前については,あくまでぱどが知っている範囲の中でのお話ですのでご参考までに。また,グループ病院だとしても病院ごとに支援の度合いが異なることも多々あります。

NP押し病院

国立病院機構さん

ここに関しては言うまでもありませんね。以前もご紹介しましたが国立病院機構はNP押ししてくれています。言わずと知れた,JNPですね。NP文化が確実に構築されている病院ではないのかなぁと思います。

日赤系列さん

日赤さんもNP増やそうとしているようです。実際にどのような支援がでるかどうかはわかりませんが、うわさに聞いたところ出張にしてくれるらしい。私の知っているところによると。

徳洲会系列さん

徳洲会はNPが着実にふえつつあります。病院の方針として地域医療を結構やっているっていうのもあるのでしょうか。病院によって支援の方法は異なるようですが、NPに対して批判的な考えではありません。

済生会系列さん

私の知っているNPさんは全日制で出張扱いでしたね。いいなぁ。

NP大学院が付属している病院

そりゃぁそうです。そこが応援してくれなきゃ話になりません。

しかしながらそれでもピンキリです。ものすごい差があると思います。どこがどうとは言えませんけどね🤐

 

さて、ここまででなんとなくわかったかと思いますが、法人系巨大グループ病院は続々とNP輩出に乗りだりしているということです。もちろん病院ごとで誤差や内部事情などがあるでしょうけれど。私立の方が時代の波に乗りやすいのかなぁと。克服しなければいけない課題が少ないというか,病院長の鶴の一声で一気にNP路線になっている病院もちらほら。今のところ,で言えば巨大法人系はベターかなぁと思います。

もちろんこのほかにもNP押しの病院や施設はもっともっともっとありますでしょうが(JCHOさんとか)、聞いた話をまとめるとこの枠組みはアツいのかなぁと思っています。

あと,全日制でも出張扱いにしてくれる,休職扱いになる,など様々あるようです。

うちの病院もイケてるぜ!!!ってご意見があればコメントお願いします。

なかなか大変そうな病院

国公立系大学病院

言葉選びが難しかったのですが、申し訳ないです、実情はこの言葉になってしまうのかなと思っています。組織としてはやっぱり現状難しいのかなぁと思います。前よりはずっといいですし、活躍されているNPさんもたくさんいらっしゃいます。しかしながら組織がしっかりしすぎているという点で、NPを養成することを容認するのが難しいことが多いようです。通学する分には何とか…でもその後はわかりませんよ、みたいな感じかなぁ、私が知っている限りでは。

NPが国家資格でない以上、法律や責任問題に関しても一番厳しいでしょうし、活動が制限されてしまうのです。看護師という立場上給与面や人員配置なので苦慮することもあるのかなぁと思いました。

私が知っているNPさんはかなり活動が制限されていたり、特定行為だけだったり、看護師からも医師からも嫌がられたりしてしまう。。。そんなこともあるみたい。

NPに対して偏見を持っている中規模の法人系病院

法人系といっても、必ずしもNPを支援してくれるわけではありません。むしろ断固反対!!!!みたいな話も結構聞きます。

そんな病院の特徴としては

・むかーしからの古株が多め

・現代にそぐわない院内ルールあり

・閉鎖的

・ブラックっぽい

・周囲に学会参加している人がいない

などかなぁ、個人的に思うところは。出る杭打たれるところってやつですね。残念。

 

しかしながら、最近は看護協会が動き出しました。これは朗報です。ナースプラクティッショナー制度に関する整備を進めてくれています。協会新聞にも毎度のごとく掲載されています。そしてここが動くと、国公立系病院も動かざるを得ない状況です。

さらにはこの度の選挙において石田議員が当選しました。いくら私たちが騒いだって,国を動かす必要があります。そのためにも看護連盟ががんばっているし,ついには協会も動いた。良い傾向なんじゃないかなぁと。

 

そしてそしてTwitterでも公表しましたが,秋田大学がNP課程を新設するようです。吉報ですし,特に東北人にとっては嬉しい話。まだ詳しくはわかりませんが,募集要項が出たら確認します。これだけ田舎でNP大学院が増えているということは,ニーズがあるということ。そしてそれは特定行為そのものではなく,NPが必要なんだということなんじゃないのかなぁと考えてみたり。国公立系が増えてくるということは,病院も動かざるを得ません。

 

NPの未来が明るくなりますように。

おわりに

NP学生の支援体制に関して私的な意見ですが、まとめてみました!必ずしもこうではないでしょうし、もしかしたら偏見もあるかもしれません。「ここは違うと思う!!」というご意見がありましたら是非コメントをいただきたいです。

 

 

【スポンサーリンク】