ぱどのxoxoBlog ~NPへの道のり~

NP:ナースプラクティショナーを目指す人のための情報共有ブログ

【スポンサーリンク】
___________________________________________________________________________

第5回NP学会

こんにちは,NPぱどです。

さてさて,NP学会が無事終了しました

行きの新幹線の中でこの前の続きを書いていたのですが,

学会のお話がまだホットなうちに

こちらを先にご提供したいと思います。

f:id:vivian-hana87:20191117132509j:plain

 

 

はじめに 

第5回NP学会

学術集会はまだ5回目なんですね。

今回は日本教育会館で行われました。

演題の内容

さてさて,オーラル,ポスターともに多くの演題発表がありました。

私が注目していたのは午前の部アウトカム報告

 

ほとんどが大阪医療センターでしたね(^.^)

病院を挙げてこのような取り組みをなされているのは心強い

指導者がいられるのでしょうか。

さてさて中身をみてみると

単一施設の前後比較が多かった。

正直,現状ではこのデザインにせざるを得ない

というのが私の感想。

でも本当なら

RCTや前向きコホートだとよりうれしい。

そしてなにより

そのまま論文化したときに

外部学会にアクセプトされやすいんじゃないかな。

という今後の展望を感じていました。

その視点で言うと

最終演題は目標にすべき演題で

ぱどの中では今学会の最優秀演題←何様(笑)

でした(笑)

ぱどもあんな報告ができるようにがんばります!!!!

 

シンポジウム

最初のシンポジウム「経済効果」についてお話を聞きました。

特にこれからNPを導入する病院には

参考にしたいところが満載だったのではないでしょうか?

NPを導入することでのメリット,デメリットを金額化

特に医師一人当たりの残業代を

時給5000円,10000円,20000円

などに換算した場合の比較がとてもわかりやすかったです。個人的に。

これからNPになる人たちは

間違いなくプレゼン能力が必要。

この力を要請してくれる学校もあれば

あまりそうでもない学校もあるとか。

私的には「TED」でプレゼンテーションを聞きまくったり

看護ではないプレゼンテーションのビジ本を読んでみたり

そんな努力をしてみるのもありありだと思います。

 

ランチョン

予告していた通り

塚本先生のランチョンに参加することができました。

ここに至るには少し小話があって。

ぱど,前日お酒飲んでたんですけど

絶賛二日酔いで10時ころ登場

ぱどちゃん顔色わるいけど大丈夫???

と言われながらも

やっとこさ会場に到着(笑)

でも塚本先生のランチョンは一番人気で

到着した時にはすでにチケット完売( ;∀;)

あーあ

と思いつつも

こーゆーときって,弁当なくても見るだけOKということは知っていたので

更にスポンサーの方々って多めにお弁当持ってきてくれてるんですよ

知ってましたか?

だからあわよくば弁当ももらえるかもと期待しつつ

少し前にランチョン会場に到着

ランチョンの整理券もらえなかったんですけど聴講だけできますか???

と聞いたら快くOK(*^^*)

そしてお弁当もちゃっかりいただいてしまったりして(笑)

開始時刻に近づくにつれ参加者が増えに増えまくる。

満員御礼立見席!!!!!

すごい!!!!

私がうれしかったのは

やっぱりみんなアウトカム報告について興味あるんだ!!!

ということが知れたこと。

私たちNPは

実践のスペシャリスト

でもそれは高度実践看護師という枠組みで

なにが高度なのかっていうと,

EBMに基づく正しい根拠を持った実践ができるということ

それを実践するには

論文を読む,書くができる必要がある。

これは塚本先生の言葉を拝借していますが

私も同意見。

 

塚本先生はさすがアメリカに長くいたこともあってか

しゃべりが上手でみんなを巻き込んでいく感じ

アウトカム研究についての

アウトカムの選択だったり

検定の選択だったり

大枠はわかったと思う。

でもたぶん大枠で細かいところにまでは時間的に行き届かなく

もっともっと研究や論文について

NPが知る機会があればいいのに

と思っていました。

NPは修士だけれども

2年間でまともに研究方法や論文を読む方法なんて身につかない

手技とかアセスメントとか

実践重視だから

これはアメリカでも同じで

多くのNPがDNPに行っている理由の一つ。

これについては次回予告ですが

NPと論文の関係

そして私が今どこで論文を読む方法を学んでいるのか

ということをお話しします。

 

そしてなによりぱどが嬉しかったこと

NP学会で学術的な支援チームを作ってくださることに!!!!

ぱどがランチョンアンケートに

おんなじことを長ったらしく書いている途中に

塚本先生からのまさかのアナウンス!!!!

これ書いてるワイはずかしいやん!!!!!(笑)

でもうれしい!!!!!

もしかしたら

日本の看護界で初めて

大規模な多施設共同研究

当たり前のように報告される

そんな集団になりえるかもしれない。

まだまだその実態については明らかではありませんが

こんな話を聞いて一人でもりあがっていました。

 

懇親会(TwitterNP部オフ会)

そしてそして

今学会一番のメインであった

非公式ではありますが学会後の懇親会

予想をはるかに上回る41名の参加だったようです。

NP,NP学生,NPを目指す看護師,NP応援してくださる医師

ものすごい熱量で名刺交換が行われていました(笑)

 

ぱど,学会の終りの方に途中でぬけて

都会の友達と会ってたんですけど

おしゃれなアフタヌーンティーでお茶をしてて

さーて東京駅いくか

と思ったら

なんか荷物少ないな

あれ

スーツケースがない!!!!!

アフタヌーンティーにスーツケース置いてきた(笑)

そんなハプニングもあり

やや遅れて登場

 

端っこに座ったぱどでしたが

隣に座ったのがTwitterNP部のお仲間であることが発覚!!!!

なんか妙な親近感

TwitterでNPの情報収集している人は積極的

みんな各々

疑問に思っていたことや

受験の時どうすればいいのかとか

NP新設のときどうすればいいのかとか

興味のある分野でどうやって活躍しているのかとか

本当に様々な情報が飛び交っていて

たぶんここがNP学会のメインイベントだったかも(笑)

 

おわりに

ではここでNP学会総括(再掲)

NPは大概にしてちょっと変な人が多い♡

そこ!!!(笑)

でも,ちょっと変だけどみんな患者のために頑張ってる人が多い

それも同じ。

 

自分の描いている看護が

看護的アプローチでは対応できなくて

だから周りとは少し違うように見える

でも

自分の考えを包括してくれたのがNPという存在で

そこからどうやって患者に還元していくのか

そうやってみんな考えている

 

去年よりもたくさんの学びがあった

そんな第5回NP学会でした。

【スポンサーリンク】